本文へスキップ

家系園工房は家系図制作販売を専門とする工房です。

TEL. 0261-85-0105

〒399-8501 長野県北安曇郡松川村
7002番地175


   家系図商品に関する詳細内容です。

詳細情報

  •  当家系図商品は「事実証明に関する書類」に相当しません

      当家系図商品は、お客様の個人的な観賞、記念のための品として制作しており、対外的な関係で意味のある証明文書として利用されることを想定しておりませんので、行政書士法にいう「事実証明に関する書類」に相当しませんのでご注意ください。
     したがって、お客様からの情報提供を加え、さらにお客様で承認をしていただくことにより、お客様名の謹製の旨を末尾に記載いたしております。(例: 平成二十四年一月吉日謹製 市川 彰)

  •  傍系の記載について

     傍系(おじ、おば、いとこなど)は、個人情報保護の点から戸籍類が取得できません。
     しかし、戸籍調査段階で判明した場合、およびお客様の情報提供により、家系図にはお名前を記載することはできます。
     その場合、直系家系図内に記載できる範囲の人数の場合は、追加料金は発生いたしませんが、人数が多い場合は傍系系統図として13,000円が追加となります。

  •  信頼性・保存性を良くするために用いている方法

     和紙を採用し、酸性では無いことから劣化が少なく、破れにくいという特長を生かしております。
     和本タイプとファイルタイプは厚さ0.15mmの和紙を二つ折り綴じとし、額装タイプ(1系統)は厚さ0.23mmの和紙、額装タイプ(2系統)は厚さ0.35mmの和紙とし、たわみ変形を防いでおります。折り本タイプは厚さ0.23mmの和紙とし、折りたたみによる破損を防いでおります。ちなみに一般的に使用されるコピー用紙の厚さは約0.09mmです。

     印刷インクについては、和紙に適した顔料タイプで、さらに耐光性、耐オゾン性、耐水性、耐擦性の優れたものを用いております。
     文字の印刷部分が折り込まれることの無いように、文字配置をしております。

     額装タイプは、裏板を中性紙とし湿気で変形しにくくし、表面板はアクリル板とし印刷物の劣化・色褪せ原因の紫外線の透過率を少なくしております。

     和本タイプには、綴じ糸は太さ0.7oの丈夫なものを用いております。

     折り本、和本タイプの保存容器の桐箱は、かぶせ箱とし変形・破損しにくい扱いやすい形状です。保護布に包んだ状態で収納し、真田紐でくくる保存方式です。なお真田紐の縛り方はコツが入りますが、常に縛った状態で箱から抜き差しすれば、その必要も無いと思います。
     板厚4.5mm以上の総桐箱ですので湿気を通さない、熱に強い、防虫効果がある特性を生かしております。さらに防虫剤(エンペントリン防虫剤+スルファミド系防カビ剤)を添付しております。なお蒸散しますので定期的に同種類のものの入れ替えを推奨いたします。

     CDタイプは、耐用年数が永く紫外線に強い性質であるCD−RWを採用し、ケース種類をスリムタイプではなく標準CDケースタイプとしており、裏表紙を付けられる利点を生かしディスク面の紫外線防止による記録面の劣化を防いでおります。
     さらに、レーベル面に印刷シールを貼る方法とせずに、直にインクジェット印刷をしており、貼り付けシールによるディスクの振動読み取り不良、ドライブ故障、劣化を回避し、またレーベル面印刷とジャケット印刷は顔料インクを使用し色落ちを防いでおります。

  •  緞子柄の裂地について

     裂地とは掛け軸などの表装に用いる織物のことで、緞子柄の裂地は、艶のある糸の柄織物です。
     折り本、和本仕立てタイプは、裂地に和紙を裏打ちしたものを使用しております。 


     使用する緞子柄は、大柄または仏神用金襴柄などは避け、折り本、和本の表装にふさわしいとされている柄を採用しております。
     なお裂地商品は、同一緞子柄のものが当製造元で継続生産される保証は無いことから、在庫が無くなりしだい、類似の柄に変更することがございます。 


        図 使用緞子柄の例(実寸法 約横55mm×縦50mm)
  •  データCDタイプの詳細とその活用方法

     CD−RWに家系図、家系譜、歴史年表を3種類のデータ形式で記憶させており、それぞれのデータ種類に応じて楽しむことができます。

     Excelデータ(.xlsx) は、Windowsパソコンによる表示、追加変更による活用ができます。

     PDFデータ(.pdf)は、WindowsまたはMacパソコンによる表示、さらにタブレット端末、スマートホンではPDF閲覧アプリ利用による表示ができます。

     画像データ(.jpg)は、横A3サイズとし、複数系統の場合には基準系統とその他の各系統を横に並べ両関係を見やすくした配置の写真データ方式です。CD−R(CD−RW)読み込み、ケーブル接続、SDカード転送、メール転送などの方法により、Windows、Macパソコン、タブレット端末、スマートフォン、携帯電話、またはディスクレコーダ接続のテレビによる表示ができます。
     さらには、これらのデーターをオンラインストレージにアップロードしておけば、いつでも、どこでも親族間で見ることができ、そこから会話もはずむかもしれません。

  •  家系図、家系譜への名前の追加、系統追加について

     家系図への名前追加、家系譜への事項追加対応については、ご本人様の子の配偶者、孫、孫の配偶者の追加記載を見込み、空白欄を設けてございますので、ご自身の直筆にて記載していただければ喜ばれると思われます。
     その際には顔料インクタイプ極細の筆ペン、または顔料ゲルインクタイプ太さ0.5 のボールペンを推奨いたします。インクの十分な乾燥時間が必要ですのでご注意ください。
     なお、名前追加対応については、従来仕立て品をお預かりし追加制作も可能です。
     仕立てタイプにより1セット約6,000円〜26,000円にて対応いたします。

     系統追加対応については、従来仕立て品をお預かりし追加制作が可能です。
     戸籍調査・原稿作成分価格の他に、仕立てタイプにより1セット約6,000円〜40,000円を加えた合計価格にて対応いたします。

     なお追加費用がかさむ理由は、系統関係がわかりやすい家系図配置とするために工夫された仕立て構造が原因ですので、ご理解いただければと思います。


バナースペース

家系園工房

〒399-8501
長野県北安曇郡松川村
    7002番地175

TEL 0261-85-0105